歯科Q&A
  • 小児歯科一般の歯入れ歯・義歯レーザー治療
一般社団法人
萩市歯科医師会
山口県萩市大字平安古208番地の1
TEL:0838-22-2385
FAX:0838-22-2385
 
TOP > 歯科Q&A > 一般の歯

一般の歯

■一般の歯に関する質問をご紹介します。

歯の神経を取ってしまうと、歯は弱くなりますか?
歯の強度や、寿命には影響ありません。 しかし、神経を抜くことにより、たとえその歯が虫歯になっても痛みなどを感知できなくなります。知らない間に虫歯になり、症状が進行してしまうこともありますので注意が必要です。長い年月の内に変色することもあります。前歯で気になるようでしたら、脱色などの方法もありますので、歯科医院に相談してください。

▲上に戻る

けがで歯が抜け落ちたときどうすれば良いですか?
抜け落ちてももとに戻せることがあります。以下の手順に従って処置してください。
1.落ちた歯をすぐに水道水で軽く洗い、すぐにもとの位置にしっかり戻します。
2.傷がひどかったり、きちんともとに戻せない場合は牛乳の中に歯を入れて下さい。
(注意)
・歯の根を触らずに清潔に扱って下さい。
・抜けた歯をもとに戻しても不安定ならば、牛乳に入れて下さい。
・歯を乾燥させないで下さい

3.上記の処置後、すぐに歯科医院での診療を受けて下さい。

▲上に戻る

残っている歯が少ないので抜いたほうが良いですか?
義歯を作るときに、残っている他の歯を利用することがあります。歯の状態により、対処法も様々ですので、まずは歯科医にご相談下さい。

▲上に戻る

歯が非常にグラグラしますが抜くのは避けたいです。どうすれば良いですか?
外傷による脱臼の場合は、しばらくすれば治りますが、痛みのある場合は1度歯科医院に見てもらいましょう。原因が歯周病によるものだった場合、疼痛・炎症がなければ保存可能な場合もあります。しかし症状の進行状況によっては治療が難しくなり、周囲への影響を考慮し、抜歯する場合もあります。まずは症状を歯科医に診てもらって下さい。

▲上に戻る

口臭が気になります。歯槽膿漏でしょうか?
口臭の原因はさまざまですが、まず、口中の不衛生によるもの、歯垢や歯石、むし歯、歯肉炎(歯槽膿漏)などがあります。また、蓄膿症や、鼻炎、胃の疾患、糖尿病なども口臭を引き起こします。その他、口臭がないのにあると思いこむ心理的な病気もあります。いずれの場合も、適切な治療を進めるとともに、歯みがきをきちんとして、歯垢や歯石をしっかり除去することが大切です。

▲上に戻る

↑