歯科Q&A
  • 小児歯科一般の歯入れ歯・義歯レーザー治療
一般社団法人
萩市歯科医師会
山口県萩市大字平安古208番地の1
TEL:0838-22-2385
FAX:0838-22-2385
 

 

TOP > 歯科Q&A > レーザー治療

レーザー治療

■ここではレーザー治療に関するQ&Aをご紹介します。

歯科におけるレーザー治療を教えて下さい。
今歯科医院では、下記のような治療に使用されています。

★むし歯予防と治療
歯の溝は複雑で深く入り組んでいるため、そこにたまってしまった食べカスなどは ハブラシだけでは取り除くのはむずかしいものです。レーザーは、ハブラシが届かないところでも、 熱エネルギーでむし歯の原因となるむし歯菌をやっつけます。しかも、レーザーによって歯が強くなり、 むし歯になりにくくなるほか、歯を強くするためのフッ素も浸透しやすくなります。むし歯の程度によっては レーザー治療のみでむし歯の進行を止めたり、除去することもできます。

★知覚過敏
水を飲んだりハブラシをあてると歯がしみるといった症状はありませんか? その原因として知覚過敏が考えられます。これは象牙細管という歯の神経につながる孔が開いていて 神経が刺激されるからです。こんなときレーザーで治療すると歯の表面に薄い膜ができて孔をふさぎ、 歯の神経を保護するので痛みやしみることを防ぐことができます。

★歯周病
歯周病は歯茎から血が出たり口臭がひどくなったりして、そのまま放っておくと歯が抜けてしまうことだってあります。こんな時もレーザーは大活躍します。歯と歯茎の間の溝にレーザーをあてて歯周病菌をやっつけます。レーザーをあてることで歯周病の原因となっている細菌が急激に減り、膿が自然に出て、出血や痛みがおさまり、治りを早くします。ブラッシング指導・歯石除去、ほかの歯周病治療と併行してレーザー治療を行います。

★歯茎の黒ずみ
メラニンという色素により、歯茎が黒くなることがあります。こんな時もレーザーは黒ずみをきわめて短時間で除去することができます。
数日後にはもとのきれいなピンク色の歯茎に生まれ変わります。

★口内炎
お口の中や唇にできる口内炎や口角炎の痛みはレーザーですぐ和らぎ治りも早くなります。入れ歯があたってできる潰瘍(かいよう)にも効果があります。

↑